関西 外断熱住宅 供給実績No.1!※ | 毎日快適な外断熱の家【小林住宅】

  • 資料請求
  • 来場予約

Voiceお客様の声

吹抜けのリビングも夏のロフトも、温度差がないから、一年中快適。

H様邸

リビングドアはもう要らない。家の概念が変わる外断熱の家。

ホールとLDKを隔てるのはスリット格子だけなので、開放感いっぱい。 冬寒くないの?と思われがちだが、家ごと断熱材でくるむ「外断熱工法」なので、 ドアがなくても快適な室温が逃げにくい。

このキッチンはH夫人のオーダー。「いろんなリクエストに丁寧に対応してもらえて満足です。」

基礎部分にも断熱材を使用する当社の外断熱工法。その床下の空間を 利用してダイニングと段差を設けた「ダウンリビング」を提案。 「段になった部分はベンチ代わりになって便利」とHさん。

外断熱の家なら屋根裏も快適。ロフトがミニシアターになる。

当社からの提案のひとつが、ロフトをアレンジしたミニシアター。通常の内断熱(当社比)なら、暑くてじっとしていられない屋根裏も、熱が伝わりにくい外断熱工法だからこんな風にプラスαの空間として利用できる。音響効果もよく、ここで映画を見るのが夫のお気に入り。

室温にムラが出にくい外断熱の家だから、夏場の寝室も蒸し暑くなく快適。 「昼間でも寛げる大人の空間という雰囲気がするでしょ」とHさん。 階段の上がミニシアター、左奥は書斎。

お洒落なご夫婦が選んだ、センスを活かせる外断熱の家。

Q:小林住宅にした決め手は?
A:数社に見積もりをお願いしていたんですが、「玄関ホールに大きな窓、リビングには吹抜けが欲しい」等のこだわりをあきらめずに実現できるコストパフォーマンスの高さ&提案力で決定しました。

Q:同社からの提案・工夫点は?
A:仕切りがなくても家中快適な温度をキープできる外断熱工法なので、デザインの幅が広がりました。寛ぎ感たっぷりのダウンリビングも、床下を利用できる同工法ならではのメリットが生きています。

関西の注文住宅・外断熱の家は小林住宅。 | 関西の注文住宅・鉄骨住宅・木造住宅・外断熱の家「Kurumu(来夢/クルム)」の小林住宅
COPYRIGHT c KOBAYASHIJUTAKU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.