関西 外断熱住宅 供給実績No.1!※ | 毎日快適な外断熱の家【小林住宅】

  • 資料請求
  • 来場予約



ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

石油・天然ガスや水力、太陽光などから得られるエネルギー(1次エネルギー)の年間消費量をゼロにするために
省エネ・創エネでエネルギー収支を抑える、政府が2020年までに標準化を目指している住宅です。

日本の住宅は、暮らしやすさに加え地球環境の保護へ貢献する時代になります。

オイルショックや地球温暖化などの問題に直面し、
「省エネ」が重要視され始めました。

内側に断熱材を敷き詰めた住宅が普及していましたが、
柱と断熱材の間から流れる隙間風や結露で構造体が
腐るなどの問題点がありました。

家の外側を断熱材で覆った、夏涼しく冬暖かい家。
結露も防いで長寿命の家になりました。

家を外側から断熱材で覆い、隙間を減らして結露を防ぐので長寿命。
外気の影響を受けにくくすることで室温を一定に保つので、
エアコンの稼働率が大幅に減少し、電気代の節約になります。

毎日の生活で使う電気などのエネルギーを
自給自足するようになります。

外側・内側から断熱し超断熱となり、さらに電力をセーブ。
太陽光発電や蓄電池で毎日使う電力を補うことで、
消費・供給が相殺され、電気代が実質0円になります。

家の外・内側のダブル断熱工法で『熱と湿気を抑える』超断熱住宅。

  • ①屋根を断熱

    外の気温に左右されないので、
    屋根裏スペースを有効活用できる。

  • ②壁面を断熱

    外・内の断熱材の層で耐久・防音性UP。

  • ③基礎を断熱

    通常、断熱材を貼らない床下も
    断熱することで、快適温度をキープできます。

超断熱はUa値を満たしているかで判断され、
小林住宅の家はすでにクリアしております。

超断熱は、「Ua値(外皮平均熱貫流率/住宅の断熱性能のこと)」によって判断されます。
小林住宅は基準をクリアしているため、冬にエアコンを稼動させなくても
室温15度を維持する超断熱住宅を提供できるのです。

小林住宅の家は、すでにUa値0.4。冬でもエアコン無しで、室温15度を維持。

『電気を自給自足できる』ダブル発電システム。

※詳しくは係員にお問合せ下さい。

関西の注文住宅・外断熱の家は小林住宅。 | 関西の注文住宅・鉄骨住宅・木造住宅・外断熱の家「Kurumu(来夢/クルム)」の小林住宅
COPYRIGHT c KOBAYASHIJUTAKU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.